FISCHER バキュームマシン 設置完了!!

今日、FISCHER のブーツで、VACUUM シリーズをフィッティングするための

VACUUM マシンを搬入・設置しました。

 

早速、スタッフにメーカーの担当の方から、作り方のレクチャーをして頂き、一般的な

フィッティング方法は理解できました。

そもそも、VACUUM シリーズというのは、シェルを80℃くらいの温度で温めてから

柔らかくなったブーツに足を入れ、冷やしながら専用のVACUUMケースをブーツごと

履いて、圧力をブーツにかけながら、シェルごと足に馴染んだ快適なブーツを作る!!

というもの・・・・ピステ歴の長いお客様方でしたら、思い出しません????

ブーツを温めてパットを貼った足を入れ、シェルをしっかり馴染ませたら、冷水に

浸かって、店の外に立たされた!! っていう時代があったこと。

ですから、メーカーさんから伝えられた「一般常識」的な作業方法に、ピステなりに

過去のチューンナップの経験を交えた、アレンジを加えて、全国どこのショップで

やるよりも、良いブーツになった!! と言ってもらえるようにしたいし、できると思います

ので、ご期待下さいね。

6/23からスタートする早期展示予約会でも、話題の一つになりそうな感じですね。

ただし、形的には足に馴染むブーツができるとは言え、お薦めしたい足とそうでない足

とに、ハッキリ分かれるのがフィッシャーブーツですから、誰にでも「良いですよ!!」

ということにはならないので、また、詳しくは店頭で。


Powered by WordPress | Theme by Roy Tanck

Go To Top