★OGASAKAスノーボード18/19モデルあります★

ピステはスキー専門店ですので、基本的にスノーボード商品は在庫しておりませんが…

稀に?店長の気まぐれで??オガサカのスノーボードをピンポイントで

在庫をもつことがあります☆

そこで! Piste Tuneをご利用頂いているスノーボーダーの皆様に朗報です!

2018/2019シーズンはその当たり年ですかね??

3台限定でオガサカスノーボードがピステにありますよ〜!!!

 

ピステでスノーボードを買うメリット…それは、ずばり!!

ご購入後のアフターサービスとして、

板を思いのまま動かすことができる

クオリティの高いPiste チューンナップが

その板に関してはず〜っと

定価から30%OFFにてご利用頂けます!!

(例えば、10,000円(税別)コースのフルチューンナップがいつでも7,000円(税別)でOK!)

 

オガサカスノーボードはスキー同様、クセがなくとても乗りやすい板です。

すでにオガサカユーザーの方も興味のある方も、

お探しのモデルであれば是非ご利用くださいませ。

それでは、気になる!??3台をご案内致します☆

 

* CT Limited   154cm  /   ¥87,480(税込み定価)

しなやかなフレックスながら、トーションが強いためエッジグリップが強く

ズレにくいCT(comfort turn)シリーズ。また、柔らかく高い反発力があるので

カービングだけでなくグラトリ操作における高さも充分確保できそう!

軽快でリズミカルなフリーライディングが楽しめる1台です☆

 

 

 FC   157cm /  ¥89,640(税込み定価)

アウトラインはセミハンマー形状で、ボード全体のフレックスは

少々硬いFCですが、操作性は高く動かしやすいのが特徴です。

高速フルカービングの安定感が抜群に良いモデル!

またノーズとテールの粘りを利用したトリックも楽しめる!!

 

 

Facet  159cm /  ¥160,920(税込み定価)

登坂性能と滑走性能を妥協せずに追求した

オガサカのスプリットボードは、バックカントリーシーンで

不満のない板と高評価!!

安定感・浮遊感・軽量性のバランスがとてもいいようです!!

本来なら、あまりボードの在庫はしませんが、スプリットボードで

このクォリティの高さに、Pisteチューンナップスタッフが一目惚れして、

売れる売れないよりも、皆さんに是非、見てもらいたい!! という気持ちで

店頭に並べました。

「これほんとにスプリットボード???」と思うくらいの美しい仕上がりです。

さすがにJAPAN MADE !!

 

店頭販売価格は、

定価から10%OFF!!となります。

更にチューンナップ無料券付!!

また、お支払い金額に応じたポイント還元あり!!

(現金でのお支払時に5%、

クレジットカードでも3%分をポイント還元致します)

 

Pisteでオガサカスノーボードを購入するメリットを感じた方は是非!!

ご検討くださいませ。

 

 

 

 

オススメ!!遠征に必要なSKI CASEとデイリーユースのBOOTS BACK PACK!!

いよいよ来週末の12/8(土)にはめがひらスキー場さんと琴引スキー場さんがOPENいたします!!

初滑りに首をなが〜くして待っていた皆様、シーズン開幕まであと少し!

今一度、今シーズンに必要なアイテムがないかよくよくチェックしてみてくださいね〜。

 

さて今日は、数量限定!!ドイツ発信のブランド“evoc(イーボック)”より

スキー遠征に必要なSKI CASEと、デイリーユースのBOOTS BACK PACKをご案内致します☆

 

★SNOW GEAR ROLLER★      ¥38,000(本体価格)

ファットスキー2台は楽々入る大容量!

(2台の上から間仕切りのシートを被せるので、板の形状や長さによっては3台いけそうですよ)

スキーの長さは190cmまでOKです!!

↑バックカントリースキーに必要なショベルやプローブを収納できる部屋付き!!

使わない時は三つ折りにたためます!

 

 

★SKI  ROLLER ★       ¥18,000(本体価格)

シンプルに2台収納可能です。こちらも190cmまではOKです!

188cmのGSスキーと175cmのファットスキー(一番幅の広いところで130mm程)

の合わせで入れてみました。

…この組み合わせの場合、ケースのファスナーは閉まりますが、ビンディング部分が膨らむので

送る場合は、養生をしたほうが良さそうです。

入れるスキーのビンディングの高さによって2台の相性が左右されますね。

 

 

★BOOT HELMET BACKPACK★      ¥8,000(本体価格)

スキーウェア以外の身につけるアイテム…

スキーブーツ・ヘルメット・ゴーグル・グローブを収納する部屋が

それぞれに独立していて見た目もすっきりのブーツバックパックです!

外生地は布地風ですが、ブーツやヘルメットを収納する内生地は

防水シートが施されています。

 

↑ブーツの脱ぎ履きに足場を確保できる防水シートマット付き☆

 

    

↑アイテムを入れて背負うとこんな感じです。

モデルは新人スタッフK、Pisteで奮闘中!!

 

仕入れ数も僅かですので、ご希望に沿う商品でしたらお早めにお買い求めくださいませ。

 

 

“Stuben Magazine04 “入荷致しました!!

murakami | Pisteのお知らせ,おすすめグッズ,店舗ニュース | 木曜日, 11月 22nd, 2018

 

皆様より一足早く…新しい本のいい匂いを嗅いでいます☆

snow culture magazine

“Stuben 04”

本日入荷致しました!!

stubenは、北海道ニセコを拠点に活動を続ける写真家・渡辺洋一氏が

クリエイティブディレクターを務めるスノーカルチャーマガジンです。

いつもは読み物が中心なのですが、第4号となる今回は写真特集になっています。

 

そのなかでも特筆するとしたら…

この秋のPisteのトークイベントで広島に来てくださったプロスキーヤー

山木匡浩さんの挑戦にフォーカスした特集や、同じく

地球を滑る旅でお馴染みの児玉毅さんのコラムが掲載されていること!!??

もありますが、

やっぱり…

スキーや雪が生活の一部にある雪国からの感性や創造力を

垣間みることができる“スチューベンマガジン”

雪山への憧れを助長してくれるような本になっています。

 

忙しい師走に向かって、少しほっこりできる気持ちになりますよ〜。

お手元におひとつ、またちょっとしたプレゼントにも

きっと喜ばれると思います☆

税込み2,592円です。

縦列駐車にご協力を!! お願いいたします。

shira | Pisteのお知らせ | 木曜日, 11月 22nd, 2018

Pisteの駐車場は、

縦列駐車仕様

となっております。

皆様が、縦列の入口側に駐車いただきますと、MAX 12台の駐車スペースが

半分の6台のみとなってしまい、入庫待ち渋滞の原因になります

 

縦列駐車の欠点である、入れ替えのお手間などをおかけしますので、心苦しいのは

山々ですが、特に今年は、皆様がスロースタートなムードだった反動が出て、

これから年末にかけてご来店のお客様が集中することが予測されます

(週末は一時的に入庫待ちがある駐車場の入庫待ちがあると予測されます。)

 

大変お手数ですが、皆様のご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

 

 

ブーツのフィッティング作業のご予約をまだ頂いていないお客様へ

早期予約会以降、ブーツをご予約いただいているものの、

フィッティング作業の日時のご予約を未だ・・・いただいていないお客様

年末まであと1ヶ月少々を残すのみとなってきました。

フィッティングスケジュールが立て込んでいて、予約しづらい面も理解して

おりますが、可能性が見える日時がありましたら、仮予約でも日時のご予約を

いただいておくことをオ・ス・ス・メいたします。

 

宜しくお願いいたします。

まだまだのんびり??? ・・・ということは!!!

shira | Pisteのお知らせ | 土曜日, 11月 17th, 2018

広島界隈のスキー場さんも、ここ数年来、11月中旬から20日ごろにかけて中四国地方

最速でOPENされるスキー場さんがあることが当たり前のイメージになっていましたが、

今シーズンの最速は、12/8 OPENの 「めがひら」さんと「琴引」さん・・・

広島界隈では、例年よりも3週間くらいOPENが遅くなってのスタートとなります。

 

ということで、例年ならば、チューンナップスキーのお引取りなどを中心に、10月下旬

くらいからバタバタし始めるのが定着していましたが、今年は皆さん・・・

まだまだのんびりムード!!

バタバタ感を覚悟していたPiste スタッフも拍子抜けしたような感覚で少々困惑気味???

 

納品予定時期 (納期) 分までのチューンナップスキーや、Jrシーズンレンタルスキー

なども準備は万全に進めてはおりますが、まだまだテンションが上ってらっしゃらない

皆さんがほとんどのご様子で、3Fの保管スペースは既にキャパオーバー寸前・・・

お引取りがない分、溜まるばかり・・・。

 

このままの状態でいくとすれば、

11月下旬~年末にかけての約1ヶ月の間に、

お引取りやお買い物など、例年の2ヶ月分の

ボリュームが集中してくると思われます。

ですが・・・・

駐車場スペース、対応できるスタッフ人数

含め、集中時には相当に混乱することが

予測されます。

 

チューンナップのスキー & ボードは特に、チューン完了分の置き場がパンク状態で、

奥のほうにある板は、1台取り出すのにも20~30台移動しないと取り出せないような

ケースもあり、相当な時間お待たせしてしまう状況です。

チューンナップのお引取りのお客様は、ご来店前にお電話やメールにて、お引取りの

旨を事前にご連絡いただいておけば、短時間でお渡しできるように、予め準備して

おきますので、お待たせする時間も少なくてすむと思います

ご協力いただけるお客様は、

TEL  082-293-6741 または、e-mail  info@piste.ws

まで、事前のご連絡をいただけるとお待たせする時間が短くできると思います。

 

なお、ご来店の際には、

「電話しておいた〇〇です」「メールしておいた〇〇です」と、お伝えいただくと

助かります。

 

例年の2倍級のご来店の集中予測に、ビビっているPisteからのお願いです。

ご協力いただけると幸いです。

 

駐車場キャパにも限りがありますので、週末よりも平日狙い!! をオススメいたします。

 

 

そして・・・・

 

カレンダーが、なくならないうちに!! 是非、お待ちしておりますよ~!!

ミニ・アバランチナイト

ken | Pisteのお知らせ | 木曜日, 11月 15th, 2018

今年も雪崩安全啓発セミナー…

『ミニ・アバランチナイト…開催します』

 

日本雪崩ネットワーク様、(株)キャラバン様(G3・RMU・22design などの販売元)に

ご協力頂き、雪崩と雪山の危険に対する初歩的な安全啓発セミナー…

『ミニ・アバランチナイト』12月14日(金曜日)、広島RCC文化センターにて開催致します。

 

これまで全国各地で開催され、シーズン・キックオフ・イベントとして大人気の

アバランチナイトの雪崩に関する内容をもとに、バックカントリー初心者の方

特に気をつけたい雪崩・雪山の危険について、

プロガイドがやさしくレクチャーするセミナーです。

・雪崩とはどのようなものなのか?

・危険を減らすには何が一番大事なのか?

・もし雪崩に遭ってしまった場合どうしたらいいのか?

・雪崩に遭ったときに必要な装備は?

その他、吹雪、滑落、道迷いなど多様な雪山の危険について

バックカントリースキーをこれから始めようという方など、

本格的な雪山経験がない方に特 にお勧めしたい内容です。

雪崩

 

バックカントリースキー

楽しんで頂く上では、

  まずは・・・安全第一!!

 

これからBCを経験したい方!!

多少経験のあるBCビギナーの方!!

 

もちろん…

興味がある方ならどなたでも!!

 

ご参加お待ちしておりますね。

 

====== 雪崩安全啓発セミナー:ミニ・アバランチナイト ======

日時:12月14日(金曜日) 18:45〜20:30

対象:これからBCを経験したい方〜多少経験のあるBCビギナーの方、興味がある方ならどなたでも

会場:『広島RCC文化センター  605号室』

HP  :  http://www.rccbc.co.jp/

アクセス:http://www.rccbc.co.jp/access.html

有料駐車場あり

講師   伊津野 道也氏 (日本雪崩ネットワークLevel1・アクティブメンバー)

スケジュール

受付   18:45

開始   19:00

終了予定 20:30

定員   : 30名

参加費: 無料

お申し込み方法:予めピステまでお電話、メールにてご予約をお願い致します。

共 催:日本雪崩ネットワーク・(株)キャラバン・スキープロショップ ピステ

 

特定非営利活動法人日本雪崩ネットワーク

tel: 045-430-5736 fax: 045-430-5731

会場までのアクセスが分かりにくい場合は、お気軽にピステまでお問い合わせ下さい。

 

次ページへ »

Powered by WordPress | Theme by Roy Tanck

Go To Top